伏線やネタバレまとめ

Hunter×Hunterの伏線やネタバレ

週刊少年ジャンプに連載されているHunter×Hunterという漫画の作品はたくさんの読者のファンがいて多くの人を引き付けています。

 

作者である漫画家の冨樫義博先生は天才だとか言われていて、神とまで呼ばれる存在となっています。

 

実際のところは実は覚醒者だったんですね。

 

なので普通の少年格闘漫画とは明らかに違うんですよね。

 

ハンターハンターが大人気で売れる理由はいくつかあります。

 

  • 人の心が描かれている
  • 伏線や設定が深い
  • 神絵とも呼ばれる描写

 

この作品を読んで泣けると思った人や、涙を流した人もたくさんいるはずです。

 

人の心が漫画で描かれるわけで、それだけ人の心を引き付けるのだと思います。

 

という事で覚醒を題材にしているこのサイトでも1つのおおきな取り上げているコンテンツとなっています。

 

そしてこの覚醒者の波動というサイトを作った理由とも深く関わっています。

 

IプランとIプロジェクトの名称の由来もHunter×Hunterの作品の影響を受けています。

 

そしてIプランとIプロジェクトに人を集めるのも、最初はハンターハンターという作品をきっかけに行なっていきます。

 

伏線やネタバレの考察

ハンターハンターという漫画は1度だけ読んでも理解できない内容が結構あります。

 

伏線や謎があちこちにあるんですよね。

 

アニメで一回だけ見たとかだとちょっと理解できない部分も多いかと思います。

 

週刊誌やアニメで1回見逃したりするとかなり辛いですね。

 

古本でもいいですし、電子書籍で購入でもいいのですが、全巻いつでも何度でも読めるようにして欲しいんですよね。

 

Hunter×Hunterは明らかに少年格闘漫画という枠は超えてしまっていて、漫画を読むのに必要な前提知識や人生経験すら必要になってきます。

 

 

もちろん少年格闘漫画という部分だけでも相当に面白いです。

 

 

ただバトル系の作品として読んでいると本当の面白さはわからないというか、もったいないといった感じですね。

 

人の心の部分を描いている描写やそこに至る伏線や設定、公式には説明されない隠れた裏設定などを読み解くと何倍もハンターハンターは面白くなるわけです。

 

考察ブログの存在をしらずにHunter×Hunterは語れません。

 

たくさんの人が想像して意見交換などをして世界観が広がってく伏線や裏設定が本当にすごいわけです。

 

作品の中で公式に語られるネタバレもあるわけですが、読者の想像にゆだねられる伏線や隠れた裏設定は本当にたくさんあります。

 

そしてそれをストーリーにマッチングさせていくのが冨樫義博先生は天才的なのです。

 

そんな深淵の底をみせる事のない深いハンターハンターという作品を覚醒者の視点をもって考察したブログがこちらです。

 

⇒ ハンターハンター覚醒考察

スポンサーリンク